ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか

みなさんは、知っていたでしょうか。


世界的な経営大学院として知られるアメリカのハーバード・ビジネス・スクールが、東日本大震災の被災地で学ぶ授業を続けているということを。2008年に世界的な金融危機が起きた際、金融業界に多くの卒業生を輩出してきた同校は自省した。“本当に世界を良く変えるリーダーを育成できていたのか?”。失敗知らずのエリートたちに、人間としての“土台”を築いてもらう目的で2011年、“見知らぬ現場に身を置く”科目が必修に。その中で唯一、6年連続で開講されているのが東北でのプログラムだそうです。


失敗知らずのエリートたちが巣立っていったはずの世界の先に、リーマンショック世界を揺るがした金融危機がおきたんですね。


2008年当時の私は、外資系企業の半導体業界で働いていました。そして、危機直後の経済の傾きの動向は、私の仕事人生を大きく変えたことでもありました。徐々に減っていく仕事、半導体業界は当時、相当なダメージをリーマンショックで受けていました。

話は戻しますが


ハーバードという大学が排出した偉大な人材

失敗知らずのエリートたち


その彼らが、2011年に起きた東日本大震災の地”東北”でケーススタディとして学んでいる。しかも6年連続で開講。その理由の一つに、

復興に汗する人達と直接触れ合い、『本物の一人』の真摯な思いと理念があれば、人々の心を変え、地域をも変えていける。たとえ一人でも変化は生み出せることを痛感すると。



すごく感動しました。



人間としての土台、人を知る。人から学ぶ。


これは私が理想とする姿であり、今こうして、多聞台の地で国際交流をする意味を

改めてみつめなおすことが出来ました。



8月も張り切って、開催します!


目の前の課題、一つ一つクリアにしていかないと!



松尾





- Tamondai English - 地域国際交流 from 神戸

神戸市垂水区でネイティブ外国人の先生達とこども達が交流をする会を開いています

0コメント

  • 1000 / 1000